この記事がお役に立ちましたらシェアいただきると更新の励みになります(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【必見】mineoの格安SIMは速度切替・節約が可能!詳細を解説

多くの格安SIMがリリース発売されていますが、速度切り替えや低速通信、節約ができる格安SIMはそのなかでも一部の格安SIMだけです。

mineoの格安SIMは最初から速度切り替え機能があり低速通信で節約ができる機能が用意されています。

この速度切替機能は大手キャリアのdocomo,au,ソフトバンクにない機能で、この速度切り替え機能があると高速データ通信が必要な時だけ高速データ通信を使ってインターネットを使うことができるので最大限節約ができます。

実際にわたしはこの速度切替機能はかなり使用する頻度が高くかなりほかの格安SIMでは3GBのプランでないと足りなかったのがmineoだと1GBのプランで不足なく運用できています。

mineoは速度切替・節約が専用アプリで可能

先ほども書きましたが、この速度切替(節約)の高速データ通信と低速通信と切り替える機能はmineoの格安SIMには最初から備わっています。

しかし、この機能はすべての格安SIMに備わっているわけでありません。

mineoにはdocomoの回線と設備を使ったDプランと、auの回線と設備を使ったAプランの2つのプランが用意されています。この速度切り替え機能(節約機能)はどちらのプランでも利用することができます。

mineoには「mineoスイッチ」という専用の速度切替アプリが用意されていて、iPhoneの場合はApp Store、Androidの場合はGoogle Playから無料でダウンロードしてインストールすることで簡単に使うことができます。

mineoスイッチ
無料ダウンロード&インストールアプリ
Google Playで詳細を見る

mineoスイッチ
無料ダウンロード&インストールアプリ
App Storeで詳細を見る

mineoの格安SIMは速度切替が可能なので高速データ通信が必要でない時は高速データ通信をOFFにすることで無駄なデータ量を消費しないので他の格安SIMよりも1つ下の容量のプランで十分に利用できるようになります。

1つのプランで数百円変わってくるのでかなり節約が可能になります。

例えば5GBと3GBは500円以上の差があります。1つプランを下げられるとかなり節約ができることがわかると思います。

バーストモードがあるmineoは低速通信(節約)時でもかなり速い

mineoの「mineoスイッチ」を使うと高速データ通信をOFFにできるため高速データ通信量は消費しませんが、通信速度が200kbpsになります。

しかしmineoにはバースト転送(バーストモード)機能がある格安SIMのため、低速通信時でも最初の数秒間は高速通信がされて短時間でデータがダウンロードできます。

実際にmineoの格安SIMを挿したAndroidスマホで「節約スイッチ」をONにして計測した結果です。最初の数秒間だけバースト転送により高速通信がされて、その後に200kbpsになって落ち着いているのがわかります。

この数秒間に読み込めるサイトや画像データは多く、バースト転送(バーストモード)に対応していない格安SIMと比べるとかなり快適に通信ができます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

↑↑↑今だけ期間限定!1年間月額料金410円キャンペーン実施中!↑↑↑

このキャンペーンを使うと大幅に節約ができてどの格安SIMよりもお得に使えます!!

この記事がお役に立ちましたらシェアいただきると更新の励みになります(๑˃̵ᴗ˂̵)و