この記事がお役に立ちましたらシェアいただきると更新の励みになります。

【必見】mineoは口座振替で契約や支払いができる格安SIM!

ほとんどの格安SIMがクレジットカードの支払いのみにしか対応していませんが、mineo(マイネオ)の格安SIMは口座振替での申し込み契約や月額料金の支払いに対応している画期的格安SIMです。口座振替だけでなくデビットカードでの支払いにも対応しています。

クレジットカードやでデビットカードを持っていなくても使える格安SIMなのです。しかもmineoの口座振替の手数料は無料です。

mineoはすべての格安SIMのなかでユーザー満足度No.1を獲得している格安SIMのため細かいは配慮が行き届いています。家族全員分を大手キャリアからmineoに乗り換えて口座振替で支払うようにすると大幅に月額料金が節約できて得をしますよ!もちろん通話料金も口座振替で対応できます。

ここではmineoで口座振替を使う時に契約方法や支払い方法などを詳しく紹介します。

mineoは口座振替で契約や月額料金の支払いができる格安SIM

ほとんどの格安SIMは申し込み契約や月額料金の支払いもクレジットカードのみしか対応していません。mineoの格安SIMは口座振替に対応しているので大手キャリアと同じように銀行口座から月額料金を引き落とすことができるため、

とても便利で管理がしやすいメリットがあります。家計簿を付ける場合でも通帳に記帳してくれるだけでどれくらい携帯電話の月額料金がかかっているのか帳簿に付けやすいので便利です。

口座振替のメリット・デメリット

口座振替の特徴

口座振替はクレジットカードと違って月額料金が銀行口座から直接引き落としがされる仕組みです。クレジットカードの場合はクレジットカード会社が建て替えを行い、翌々月に請求される仕組みです。

口座振替はmineoの月額料金の支払いや引き落としタイミングで引き落としがされるので大手キャリアのdocomoやau、ソフトバンクと全く同じように支払いや管理ができます。

例えば、家族全員の携帯電話料金を口座振替で支払うようにしておくと家計簿をつけるときも記帳した通帳の内容を転記するだけで完了するので管理が楽になります。

口座振替のメリット・デメリット

口座振替のメリット

  • 口座作成時に審査がない
  • 即時口座から引き落としがされるため使いすぎが発生しない
  • 紛失や盗難をして他人に使われるということがない

口座振替のデメリット

  • 口座に残高がないと支払いができない
  • 申込みがクレジットカードと比べると面倒

au回線(Aプラン)が唯一mineoだけが口座振替に対応

多くの格安SIMがありますが、au回線を使っているAプランの場合ではmineo以外では口座振替に対応していません。mineoは口座振替手数料が無料です。

たとえばauで購入・契約したiPhoneやAndroidスマホをSIMロック解除なしで格安SIMを使う場合はmineoのau回線(Aプラン)を選択することになります。

そのような場合でもmineoであれば口座振替に対応しているので安心して使うことができます。

mineoの月額料金の支払い・引き落としタイミング

mineoの口座振替の支払い、引き落としタイミングはデータ通信の月額料金と、音声通話の月額料金は支払い・月額料金が異なります。

  • データ通信の月額料金: 月末締め、翌月末引き落とし
  • 音声通話の月額料金: 月末締め、翌々月末引き落とし

ピンとこないと思うので例をあげます。例えばmineoのデータ通信+音声通話プラン(デュアルプラン3GB)を契約していた場合。

1月の月額料金が下記で確定した時の例

  • データ通信の月額料金: 1,600円
  • 音声通話: 1,200円

口座振替の支払いタイミング

  • データ通信の月額料金: 1,600円 → 2月末に引き落としされる
  • 音声通話: 1,200円 → 3月末に引き落としされる

この記事がお役に立ちましたらシェアいただきると更新の励みになります。