この記事がお役に立ちましたらシェアいただきると更新の励みになります(๑˃̵ᴗ˂̵)و

【必見】mineoの格安SIMは「バースト転送」に対応!詳細を解説

格安SIMにはバースト転送機能(バーストモード)があるものとないものがあります。mineoの格安SIMはバースト転送に対応している格安SIMです。

バースト転送は節約スイッチをONにして200kbpsの通信速度にしていたり当月のデータ容量を使い切って通信速度が200kbpsに制限されている時でも最初の一定時間(3秒くらい)は高速通信ができるというものです。そのためバースト転送に対応しているmineoの格安SIMは他の格安SIMよりも快適に利用できます。

mineoの格安SIMは「バースト転送」に対応

mineoの格安SIMはバースト転送に対応している数少ない格安SIMです。

そのためmineoの場合は節約スイッチをONにして高速データ通信を利用しないで通信することでデータ通信量を消費しなくなるので節約ができますが、バースト転送に対応していない格安SIMは常に200kbpsの通信速度になります。

↑これは他の格安SIMでのバースト転送のイメージ図ですがmineoも同じです。

しかしmineoはバースト転送に対応しているため最初の数秒間は225Mbpsの高速通信で快適にインターネットを使うことができます。

↑実際に「節約スイッチ」をONにして速度計測をした結果です。最初の数秒間かなり高速に通信ができていることがわかります。

このバースト転送はオプションではなく最初から対応しているものなので、月額料金は0円(無料)で利用できます。

実際に複数の格安SIMを使っているとmineoの格安SIMが快適なのが実感できます。節約スイットをONにして利用していてもインターネットでの検索や地図の表示など快適に利用ができストレスを感じません。

節約スイッチをONにしていることを忘れるくらいです。

mineoはデータ容量を使い切っても「バースト転送」が使える

mineoに限らず格安SIMにはプランがあります。例えば3GB/月のプランを契約してい場合、その月に3GB以上の高速データ通信をすると速度制限がかかり200kbpsの通信速度に制限されます。

mineoの格安SIMは高速データ通信の容量を使い切って200kbpsに通信速度を制限された状態でもバースト転送が利用できます。そのため最初の数秒間は速度制限がされてない状態の通信速度でデータをダウンロードすることができるのでとても快適に利用できます。

節約スイッチで高速データ通信をOFFにしてもバースト転送は利用可能

mineoには節約スイッチという高速データ通信が必要ないときに無駄に高速データ通信量を消費しないように節約スイッチと言うものが用意されています。

このスイッチをONにすると通信速度が200kbpsに制限されますが、mineoの格安SIMにはバースト転送があるので、最初の数秒間(3秒程度)は節約スイッチをONにして高速データ通信をOFFにした状態でも高速データ通信が利用できます。

mineoの格安SIMは高速データ通信量を無駄なく利用できる

mineoの格安SIMがすべての格安SIMのなかで「利用者満足度NO.1」を獲得しているには節約スイッチによる高速データ通信のON/OFFができる機能が用意されていること、バースト転送に対応していることも大きな理由になっています。

mineoの格安SIMは格安SIMの中で一番機能が多い格安SIMなので欲しいと思う機能がすべて実装されています。いろいろな格安SIMを使っていて思うのはmineoは快適で月額料金の節約が簡単にできて快適そのものだということです。

そもそもこの2つの機能が用意されていない格安SIMも多いのでしばらく使ってはじめてmineoを選んでおいてよかったと思いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

↑↑↑今だけ期間限定!1年間月額料金410円キャンペーン実施中!↑↑↑

このキャンペーンを使うと大幅に節約ができてどの格安SIMよりもお得に使えます!!

この記事がお役に立ちましたらシェアいただきると更新の励みになります(๑˃̵ᴗ˂̵)و